ドコモ光キャンペーン比較

ドコモ光はキャンペーン特典を進呈しているプロバイダや代理店から申し込むのがベスト
公式よりお得な特典をGetできるキャンペーンサイトを厳選してご紹介します!

ドコモ光キャンペーン比較 > ドコモ光 徹底解説 > ドコモ光プロバイダのplala(ぷらら)は速い?ユーザーのツイートを調査してみた

ドコモ光プロバイダのplala(ぷらら)は速い?ユーザーのツイートを調査してみた

更新日:2019年06月21日 / 公開日:2019年02月14日

ドコモ光プロバイダのplala(ぷらら)は速い?ユーザーのツイートを調査してみた

ドコモ光には25のプロバイダがあります。今回は、プロバイダplala(ぷらら)の速度に関する評価を調査してみました。

ドコモ光plala(ぷらら)ユーザーの声を集めるために、SNSサービスのTwitterで速度に関するツイートを検索してみましたよ。

速い?遅い?ドコモ光plala(ぷらら)ユーザーのツイートを調査

SNSサービスのTwitterを利用すればユーザーの声を拾うことができるので、ドコモ光plala(ぷらら)の実態を知ることができます。

とはいっても、厳密なレビューが書かれているわけではないので、参考程度に活用させて貰いましょう。

速いと評価しているユーザーさんのツイート

光回線の最大速度は回線タイプにより異なります。以下のplalaユーザーさんは、それぞれが契約した回線タイプにおいて満足できる速度を得られているようです。

遅いと評価しているユーザーさんのツイート

速度不満に関するツイートもそこそこ見かけます。しかし、ドコモ光plala(ぷらら)には、通信方式を次世代のものに変えて快適なネット接続にしてしまう「ぷららv6エクスプレス」がありますので見限るのは早計です!

ツイートを検索してみると、ドコモ光plala(ぷらら)の速度に不満を持っている人がそこそこいますね。

ドコモ光の速度は、ベストエフォートで1Gbps。住居タイプにより100Mbpsのところもあります。これらの速度は、宅内の接続環境やネットワーク区間の状況により変動します。

宅内の接続環境とは、パソコンのスペック、LANケーブルや無線LANポートのギガビット対応などです。ドコモ光が高速通信サービスであっても、利用者側の接続環境が規格に対応していない古いものであっては、高速通信を利用できません。

宅内の接続環境については「申込前に要チェック「ドコモ光って遅い」にならないための環境最適化」も併せて読んでみてください。

ネットワーク区間の状況は、利用者の集中度合いにより変動します。従来型のインターネット接続方式であるIPv4 PPPoEでは、インターネット利用者が集中する時間帯において速度低下や遅延が発生します。これは、ネットワーク上のユーザー数制約を受ける接続方式だからです。

ドコモ光plala(ぷらら)ユーザーのツイートに不満の声が多いのは、これらが理由になっている場合が多いのではないかと推測できます。

速度の改善策としては、パソコンなどの端末および接続機器を高速通信の規格に合わせること、そして、インターネット接続方式をIPv4 PPPoEから次世代のIPv6 IPoEや「ぷららv6エクスプレス」に変更することです。

ぷららv6エクスプレスで速度と快適さをアップする

ドコモ光プロバイダのplala(ぷらら)では、IPv4 over IPv6接続が可能な「ぷららv6エクスプレス」を提供しています。

「IPv4 over IPv6」とは、IPv6対応Webページ、IPv4対応WebページともにIPv6 IPoEで接続できる技術のことです。これにより、利用者が集中する時間帯であっても混雑を気にすることなく快適で速いインターネット接続が可能になります。

ぷららv6エクスプレスの詳細は「ドコモ光のplala(ぷらら)はIPv6対応の優良プロバイダ」をチェックしてみてください!