ドコモ光キャンペーン比較

ドコモ光はキャンペーン特典を進呈しているプロバイダや代理店から申し込むのがベスト
公式よりお得な特典をGetできるキャンペーンサイトを厳選してご紹介します!

ドコモ光キャンペーン比較 > ドコモ光 徹底解説 > 【ドコモ光プロバイダ比較】ドコモnetとOCNはどっちがお得?

【ドコモ光プロバイダ比較】ドコモnetとOCNはどっちがお得?

更新日:2019年07月24日 / 公開日:2019年04月16日

【ドコモ光プロバイダ比較】ドコモnetとOCNはどっちがお得?

ドコモnetといえば株式会社NTTドコモが運営するドコモ光プロバイダです。

そして、OCNはNTTコミュニケーションズ株式会社が運営するプロバイダですね。

そうです、どちらのプロバイダもNTTグループの主要企業です!

しかし、グループ企業とはいえドコモ光のプロバイダとしてサービスを提供する以上は競合になります。

ドコモnetとOCN、どちらのプロバイダがユーザーにとって価値のあるサービスを提供しているのでしょうか。

月額基本料金を比較してみる

ドコモ光の月額基本料金は、タイプA・Bのプロバイダで料金が異なるのですが、ドコモnetとOCNはどちらに属しているのでしょうか。

OCNの場合

OCNはタイプBのドコモ光プロバイダです。ドコモ光の月額基本料金は戸建の場合5,400円、マンションの場合4,200円です。

月額基本料金は、インターネット回線料金とプロバイダ利用料金の一体型料金です。

コース

月額基本料金

戸建

5,400

マンション

4,200

ドコモnetの場合

ドコモnetはタイプAのドコモ光プロバイダです。ドコモ光の月額基本料金は戸建の場合5,200円、マンションの場合4,000円です。

コース

月額基本料金

戸建

5,200

マンション

4,000

OCNの月額基本料金はドコモnetよりも200円/月高いです。年間だと2,400円の違い!

月額料金の安さを重要視する人・通信費を少しでも抑えたい人は、OCNよりもドコモnetを選んだほうが良いでしょう。

プロバイダメールを比較してみる

ドコモ光では、利用するプロバイダからメールアドレスが発行されるため、取得可能なメールアドレス数や、メールボックスの容量は各プロバイダによって異なります。

OCNの場合

OCNでは、メールサービスを提供しています。メールドメインは「ocn.ne.jp」です。無料で取得できるメールアドレス数は1個。

メールボックスの容量は1GBとかなり少ないです。テキスト主体のメールでもないとすぐに上限まで来てしまいそうです。

メールをローカルにダウンロードするPOP受信をうまく使い、消えてはいけない大事なメールを保護するように気を付けましょう。

メールドメイン

ocn.ne.jp

メールアドレス数

1

メールボックス容量

1GB

ドコモnetの場合

ドコモnetもメールサービスを提供しています。ドメインは「docomonet.jp」です。

複数メールアドレスを提供しているプロバイダも多いのですが、ドコモnetのメールアドレスは1つです。

メールボックスの容量は10GB。容量無制限にしているプロバイダもありますが、ドコモnetには制限があります。

しかし、10GBもの容量があるため、一般的な利用範囲であれば十分なボリュームかと思います。

メールドメイン

docomonet.jp

メールアドレス数

1

メールボックス容量

10GB

OCN、ドコモnet両プロバイダとも無料メールアドレスを1つ持てます。

メールボックスの容量は圧倒的にドコモnetの方が多く、OCNの10倍の10GBです。

Gメールやヤフーメールなどのフリーメールよりも、プロバイダ発行の信頼できるメールアドレスを利用したい人であれば、ドコモnetの方が快適に利用できそうです。

セキュリティサービスを比較する

昨今のインターネット犯罪はますます巧妙化しており、個人でもセキュリティ対策を強化しなくては犯罪に巻き込まれてしまうリスクが高まりとても危険です。

ドコモ光のセキュリティサービスは、利用するプロバイダにより異なりますが、ウイルスメールや迷惑メールに関しては標準サービスで対応してくれるところが多いです。

インターネットに接続する端末を保護するための総合セキュリティソフトについては、ほとんどのプロバイダが有料オプションサービスとして提供しています。

OCNの場合

OCNでは、4つのセキュリティサービスを提供しています。

  • 送信ウイルスチェックサービス(送信時のみ)
  • 迷惑メール自動判定
  • 総合セキュリティソフト(マイセキュア 12ヶ月無料)
  • 総合セキュリティソフト(ホームネットセキュリティオプション 12ヶ月無料)

があります。ウイルス・迷惑メールは標準サービスとして提供されていますが、受信メールのウイルスチェックはありません。月額200円のオプションサービスで受信時のチェックも可能になります。

総合セキュリティソフトの「マイセキュア」は、最大12ヶ月無料で利用できます。経過後は月額250円で継続利用できます。

ドコモnetの場合

ドコモnetのセキュリティサービスには、

  • メールウィルスチェックサービス
  • 迷惑メール自動判定サービス
  • マルウェア不正通信ブロック機能
  • マカフィー インターネットセキュリティ(最大12ヶ月無料)

があります。ウイルス・迷惑メール、マルウェア対策は標準サービスとして提供されるので安心です。

総合セキュリティソフトの「マカフィーインターネットセキュリティ」は、有料提供サービスです。最大12ヶ月間無料で利用できる特典があります。無料期間の終了後は、別途申し込みで継続利用も可能です。尚、インストール台数が1台、対応OSがWindowsのみといった制限があるので気をつけましょう。

OCN、ドコモnet共に、セキュリティサービスが充実していて安心できます。標準サービスの品質の高さならドコモnetに軍配が上がります。

IPv6対応状況を比較してみる

従来のインターネット接続方式であるIPv4 PPPoEは、インターネット利用者が集中する時間帯において、ネットワーク品質が低下する問題を抱えています。

後継の接続方式であるIPv6 IPoEがこの問題を解消できるのですが、コンテンツ側(Webページ)の対応が遅れていて移行が思うように進んでいません。

これら2つの問題を解消する技術も開発されていて、IPv4 over IPv6といいます。

IPv4 over IPv6は、IPv6対応ページとIPv4対応ページのどちらもIPv6 IPoEで接続できる良いとこ取りの技術です。

ドコモ光のIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6対応状況はプロバイダによって異なっていて、現在24社中14社が対応しています。

OCNの場合

OCNは、IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6対応のプロバイダです。サービス名称「OCN v6アルファ」で提供しています。IPv6通信でIPv6対応WebサイトとIPv4対応Webサイトの両方を高速・快適に閲覧することができますよ。

ドコモnetの場合

ドコモnetも、IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6対応のプロバイダです。サービス名称「IPv4 over IPv6機能」で提供しています。OCNと同様に、快適にインターネットを利用できるようになります。

キャンペーン特典を比較してみる

ドコモ光プロバイダの中には、ドコモ光の申し込みでキャッシュバック特典を始めとする魅力的なキャンペーン特典を進呈するところがあります。

OCNの場合

OCNから進呈されるキャンペーン特典は、

  • 15,000円キャッシュバック
  • Wi-Fiルーター無料レンタル
  • 総合セキュリティソフト12ヶ月無料
  • 初回訪問サポート無料
  • ホームネットセキュリティ12ヶ月無料(v6アルファ必須)

キャッシュバックを始め、実用的な特典が多いです。

ドコモnetの場合

ドコモnetから進呈されるキャンペーン特典は、

  • dポイント10,000pt
  • マカフィーインターネットセキュリティ最大12ヶ月間無料

dポイント10,000ptの特典は、ドコモ光の申し込みのほか、ドコモ光ルーター01の購入(9,590円(税込))や、ネットトータルサポート(月額500円)に加入する必要があります。

OCN、ドコモnet共に申し込み特典を進呈しています。

ドコモnetの特典は、オプション加入や機器購入が条件になっているので魅力はほぼありません。OCNはオプション不要でキャッシュバック特典が貰えるし、他にも実用的な特典がたくさんあるのでドコモnetより圧倒的にお得です。

利用者の評価を見てみる

プロバイダの選定は、ユーザーレビューを確認してみることも大事です。今回は、SNSサービスのツイッターに上がっているOCNとドコモnetユーザーの速度に関するツイートを集めてみました。

OCNの場合

ツイートからはv6アルファの利用確認ができませんが、かなりの速度が出ていますね。満足度高そうです。

ドコモnetの場合

速度不満のツイートを目にすることもありますが、満足できるスピードが出ている人も多いようです。

さいごに

NTTグループ企業同士のプロバイダ比較をしてみました。

メールやセキュリティなどのプロバイダ基本サービスにおいては、ドコモnetの方が満足度が高そうです。OCNの強みはドコモnetよりも圧倒的にお得な申し込み特典でしょうか。

月額基本料金を抑えつつ、基本サービスの充実しているプロバイダを利用したい場合はドコモnet、月額固定費が高くなっても申し込み特典をいっぱい貰って得したい人はOCNを選べば良いと思います。

今回は、ドコモ光プロバイダのOCNとドコモnetを比較してみましたが、実は両社よりも優れたサービスとお得な申し込み特典で人気のプロバイダがあります。

plala(ぷらら)、GMOとくとくBB、DTIです。詳しくは「必見!ドコモ光キャンペーン厳選おすすめ3サイト【2019年版】」を見てもらいたいのですが、申込特典がとてもお得であることと、サービス品質が良好なところを評価しています。

plala(ぷらら)、GMOとくとくBB、DTIの3社は、他の光回線情報サイトでも評価されることが多く、たとえば、インターネット契約のおすすめ代理店を調査して発信している「インターネット契約徹底攻略」さんも以下のように評価しています。

どこで契約しようか迷っているあなたにオススメのドコモ光代理店を紹介します。

第1位:Plala(プララ)
第2位:GMOとくとくBB
第3位:DTI
第4位:Wiz(ワイズ)
第5位:ネットナビ

引用元:インターネット契約にオススメのドコモ光代理店ランキング

他にもいろいろなサイトやTwitter上のユーザー評価も高いようですよ。

「OCN・ドコモnet」のどちらかでドコモ光の利用を考えていた人は、人気プロバイダのplala(ぷらら)、GMOとくとくBB、DTIも候補に入れてみてはいかがでしょうか。詳細は、→ 必見!ドコモ光キャンペーン厳選おすすめ3サイト【2019年版】

お得なドコモ光キャンペーン3選

ドコモ光のお得な申し込み先情報!

お得で人気なドコモ光キャンペーンを3サイト厳選してご紹介。特典満載の魅力的な申込先情報はこちら。お見逃しなく!

お得キャンペーン3選はこちら