ドコモ光キャンペーン比較

ドコモ光はキャンペーン特典を進呈しているプロバイダや代理店から申し込むのがベスト
公式よりお得な特典をGetできるキャンペーンサイトを厳選してご紹介します!

ドコモ光キャンペーン比較 > ドコモ光 徹底解説 > 工事不要でドコモ光に乗り換え可能!【7/1スタート】事業者変更とは?

工事不要でドコモ光に乗り換え可能!【7/1スタート】事業者変更とは?

工事不要でドコモ光に乗り換え可能!【7/1スタート】事業者変更とは?
  • 光コラボ回線を利用しているけど、IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6に対応していないから対応しているところに乗り換えたいんだよね
  • ケータイをドコモにしたから、契約している光コラボ回線をドコモ光に乗り換えたい
  • 光回線を乗り換えたいけど、光電話で作った番号を引き継げないらしいので躊躇っているんだよね

このような悩みを持っているなら、2019年7月1日からスタートする「事業者変更」が役に立つと思います。「事業者変更」が一体何を可能にするのか、ぜひご確認ください。

事業者変更とは何なのか?

2019年7月1日から光コラボレーションサービスを対象とした「事業者変更」が可能になります。

事業者変更とは、フレッツ光の設備を使った光コラボレーションのサービス利用者が、新たに工事を実施することなく、他の光コラボレーションに切り換え可能となる手続きのことです。

つまり、ドコモ光以外の光コラボレーションを利用中の人が、回線速度や利用料金に不満があって乗り換えを検討している場合、ドコモ光に回線工事不要で乗り換えられるようになるのです!

事業者変更でドコモ光に乗り換え

ドコモ光の申し込み種別は、新規申込と転用申込だけでしたが、ここに「事業者変更申込」が加わることになります。

申し込み種別を分かりやすくまとめるとこんな感じですね。

申込種別

対象

新規申込

・初めてインターネットを利用するひと
・フレッツ光、光コラボレーション利用者を除く他回線利用者

転用申込

フレッツ光利用者

事業者変更申込

光コラボレーション利用者

光コラボレーションとは、ドコモ光やSoftBank光、OCN光、@nifty光、ビッグローブ光、So-net光、 plala光などのことです。他にもたくさんの事業者があり、NTT東日本の2018年8月27日の発表によれば約600社だそうです。

光コラボレーション事業者数

※「光コラボレーションモデル」における光アクセスサービスの700万契約突破について

ちなみに、auひかりやNURO光などの光回線サービスは、フレッツ光の設備ではなく独自設備を利用しているので光コラボレーション事業者ではありません。

事業者変更で得られるメリットとは

事業者変更による光コラボレーション切り換えには、主に3つのメリットがあります。

1 工事不要で乗り換え可能

これまでの手続方法だと、利用中の光コラボレーションを解約して乗り換え先の光コラボレーションを新規で契約する必要がありました。つまり、回線開通のための工事が必要であり、工事費や開通までの期間が発生していたのです。

しかし、事業者変更による手続が可能になることで、解約と新規の契約が不要になり回線の工事が必要なくなります。言ってしまえば、これまではやらなくてもいい工事をやっていたわけです。事業者間の連携が取れていなかったことが理由でユーザーに不便と費用を課していたわけですね。

ユーザーの悲痛な声を受け止めた総務省の指導や事業者のサービス改善により、これからはユーザーに優しい契約が可能になるわけです!

2 インターネットの不通期間なし

事業者変更手続きが可能になることで解約や新規工事が不要になると、インターネット接続の不通期間もなくなります。契約している回線品目を継続する乗り換えであれば、インターネットが使えなくてイライラする期間もありませんよ!

3 光電話の番号引継がスムーズ

NTTのアナログ電話で発番した番号や光コラボレーションで発番した番号を、面倒な手続き不要で引継ぐことが可能になります。

事業者変更の流れ

事業者変更でドコモ光に乗り換える場合は、申し込み前に「事業者変更承諾番号」を取得しておく必要があります。

事業者変更承諾番号は、利用中の光コラボレーション事業者に対して申請を行います。承諾番号の発行手数料は事務手数料程度の数千円で済むと思いますが、これは各事業者により異なります。

事業者変更承諾番号を受け取ったら、ドコモ光の申し込みの際に承諾番号を開示して手続をします。後日、ドコモ光から事業者変更の契約事務手数料として3,000円の請求があります。

さいごに

光コラボレーション間の行き来をスムーズにする「事業者変更」の導入は、インターネットサービスの品質向上に大きな影響を与えると思います。

ユーザーにとって足かせとなっていたサービス提供側の悪しきシステムが崩壊するため、顧客の流動が健全に行われることになります。これにより、サービス品質の低い光コラボレーション事業者は次々に淘汰されていきます。

このような流れの中で生き残り続ける事業者は、真にユーザーメリットを考えられる優れた会社ということになりますね。

インターネットユーザー側から見ると、とてもメリットの大きい仕組みが導入されることになります。自身が契約している光コラボレーションサービスに不満がある人は、2019年7月1日から始まる「事業者変更」を利用して、「ずっと使い続けていきたいサービス」への乗り換えをしてみましょう!

お得なドコモ光キャンペーン3選

ドコモ光のお得な申し込み先情報!

お得で人気なドコモ光キャンペーンを3サイト厳選してご紹介。特典満載の魅力的な申込先情報はこちら。お見逃しなく!

お得キャンペーン3選はこちら